星田妙見宮

平安時代に獅子窟で弘法大師が修行していた折、天から北斗七星が星田の3か所に降りた場所の一つです。ご神体は降星伝説の2つの巨大な織女石(おりひめいし)です。2月の「星祭」、7月の「七夕祭」「星降り祭」の、由緒ある「3大星の […]

機物神社

起源は、5~6世紀の頃にこの地域で栄えた織物の技術を持った渡来系の人々の祖先を祀る神社だったといわれています。平安時代に、交野ヶ原に貴族が訪れて、この地を七夕伝説の里として風流を楽しむようになり、織姫を祭神とするようにな […]

逢合橋

織姫をまつる機物(はたもの)神社、彦星をまつっていた中山観音寺跡(なかやまかんのんじあと・枚方市)の中間点にあり、七夕の夜に二人が出会っていたという伝説の場所です。 毎年、7月7日には地元の人々が実施する七夕まつりで賑わ […]